なぜ「黒目」は必要なのか?

ドン・タナーの
「なぜ『黒目』は必要なのか?」


みなさん こんにちは。

わたくし、黒目と申します。
今日は「瞳」について考えましょう。
では、突然ですがこちらのイラストをご覧下さい。

猿です。何かおかしいです。お気づきになられましたか?
では次。

いかがでしょう?

最後にこちら

そうです。これら猿、犬、馬のイラストには「白目」が描かれています。
実際はどうでしょう?
こんな感じですね。

自然界の動物のほとんどが「白目」が見えないつくりになっています。
さてどうしてでしょう?

白目と黒目(瞳)がはっきりしていると、相手がどこを向いているのかがわかります。
「視線」が生まれるのです。
自分の視線が相手に悟られ、敵の存在に気づいていないことが伝わってしまうのです。
すなわち、自然界で生き抜くのが大変困難になるわけです。
 
では人間の場合はどうでしょう。
人間は相手とコミュニケーションをとるとき「目」を見ます。

視線が相手に伝わることで「あなたの事を私は見ていますよ」と気持ちが伝わります。

国によっては、あえて目線をそらすことで敬意を表する場合もありますね。例えば日本の「お辞儀」がそうです。

さて、もし人間に白目がないとどうでしょう。
このイラストをご覧下さい。

子どもですね。ほほえんでいます。

ではこちら。

なんとなく怖くはありませんか?

「リトルグレイ」と呼ばれる宇宙人がいます。

形は違えど、そのほとんどに白目がありません。

これに瞳を加えて見ましょう。

なんとなくユーモアのある表情に見えます。
瞳は顔の印象を変えるわけです。

ではガイコツでも同じ事を行ってみましょう

こちらと比べてみてください

 いかがでしょうか?

 あえて瞳をかくし白目がちにしてみるとどうでしょう
 

 白目が多いのも怖いですね

 さいごにおさらいです。

 こちらの4枚のイラストをご覧下さい。
 

 
 それぞれ、白目・瞳のあるなしだけで印象が大きく変わります。

 ここで実験をしましょう。
 みなさん、もしお手元に新聞紙があれば、試しに人物の顔写真の目を黒く塗ってみてください。
 きっとまったく違う人に見えますよ。


 ではこのへんで失礼します。


Published: 9月 27th, 2010 at 1:09
Categories: