スタッフ紹介

スタッフ紹介

代表:上條晴夫
教育ライター・大学講師・ディベートトレーナー
1957年 山梨県生まれ。
山梨大学教育学部卒業。
小学校教師・児童ノンフィクション作家を経て、教育ライターとなる。
現在、東北福祉大学准教授。
特定非営利活動法人「授業づくりネットワーク」理事長。
学習ゲーム研究会代表。
メディアリテラシー教育研究会代表。(2000年3月~2005年3月)
実践!作文研究会代表。
お笑い教師同盟代表。
特定非営利活動法人「全国教室ディベート連盟」常任理事。(1996年4月~2006年3月)
日本テレビ・ニュースアドバイザリー委員。(2000年8月~2004年7月)
 『見たこと作文でふしぎ発見』
 『作文指導10のコツ』
 『作文指導20のネタ』
(以上、学事出版)
 『実践子どもウオッチング』
 『小学校・教室スピーチ実例集』
 『ファックス資料集・学習探検カード』
(以上、民衆社)
 『総合的な学習のための教育技術-調べ学習のコツと作文的方法-』
(以上、健学社)
 『さんま大先生に学ぶ 子どもは笑わせるに限る』
(以上、扶桑社)
『小学校の授業でつかうおもしろ話ミニネタ帳』
(以上、たんぽぽ出版)

 など、著書・編著書多数。

副代表:山田洋一
 北海道小学校教諭。
 昭和44年生まれ。
 自分のお笑いは、落語が母、松本人志が父。
 現在、北の教育文化フェスティバル主宰。「お笑い教師同盟」副代表。
 上條晴夫編著『「お笑い」に学ぶ教育技術』(学事出版)(共著)
 上條晴夫編著『小学校の教室でつかうおもしろ話ミニネタ帳』(たんぽぽ出版)(共著)
 上條晴夫編著『教室がなごむお笑いのネタ&コツ101』(学事出版)(共著)
 などの著書がある。

副代表:惣田徹也
 北海道小学校教諭
 昭和47年生まれ。
 引っ込み思案な性格も
 教員になって3年目の夏、
 札幌大通公園の路上漫才体験で
 大きく脱皮する。200円稼ぐ。
 松本人志のミスターベーターで
 のりツッコミを学ぶ。
 笑いにのめり込む。
 上條晴夫編著『「お笑い」に学ぶ教育技術』(学事出版)(共著)
 上條晴夫編著『教室がなごむお笑いのネタ&コツ101』(学事出版)(共著)
 などの著書がある。

書記:掛野友美
 愛知県の小学校教師。
 昭和55年生まれ。
 高校時代より吉本のメッカ「NGK」に通うお笑い好き。
 上條晴夫編著『「お笑い」に学ぶ教育技術』(学事出版)(共著)
 上條晴夫編著『教室がなごむお笑いのネタ&コツ101』(学事出版)(共著)
 藤川大祐・桑原朱美編著『養護教諭のためのメディアリテラシーによる健康教育』(学事出版)(共著)
 などの著書があります。

事務局長:松田善啓
 小学校教諭。
 1969年生まれ。
 小学生の時に漫才ブームが起きる。
 中学生の時に萩本欽一(欽ちゃん)が「視聴率100%男」と呼ばれる。
 高校の時に「欽ちゃんの週刊欽曜日」の公開録画を見に行く。
 大学の時にラジオ投稿にハマる。
 現在、「実践!作文研究会」事務局担当、「お笑い教師同盟」事務局担当。
 林公推薦・穴見嘉秀編著『「朝の読書」がもっと楽しくなるアイディア集』(学事出版)(共著)
 上條晴夫編著『小学校の教室でつかうおもしろ話ミニネタ帳』(たんぽぽ出版)(共著)
 上條晴夫編著『教室がなごむお笑いのネタ&コツ101』(学事出版)(共著)
 などの著書がある。

Published: 9月 25th, 2010 at 15:14
Categories: