お笑い教師同盟 公式ウェブサイトにようこそ

【「お笑い教師同盟」とは】

「お笑い教師同盟」は、「教育に笑いを!子どもに笑顔を!お笑いから教育技術を学ぼう!」を合い言葉に、お笑いから教育技術を学び、学校の授業や生徒指導などに生かすことによって、子どもに笑顔をもたらすことを目的とする教育研究団体です。会の目的に賛同し、教育に関心があれば、職種を問わず無料で入会できます
教員、会社員、お笑い芸人、学生、主婦など、さまざまな職種の方々によって構成されています。


歴史学習のツカミ。大仏マスクで教室へ。

活動内容

本研究会では、次のような活動を行っています。

・メーリングリストを利用した情報の交流。
・お笑いネタ情報の交流。
・教室を温めるバラエティゲームや教育技術(ミニネタ)の開発。
・お笑い教育に関する書籍の執筆。
・お笑い教育ワークショップの開催。


人気番組「トリビアの泉」で66へぇ~を獲得した、本研究会メンバーの本
『教室がなごむお笑いのネタ&コツ101』

関心を持たれた方は

こちらのページ(入会案内)をお読みになった上で、会員になってご参加ください。
なお、会員にならなくても、当ウェブサイトの情報をご利用いただくことはできます。(当サイトのご利用は、一切無料ですのでご安心ください)。
しかし会員になりますと、会員専用ページに入室することができ、会員限定のコンテンツを利用できるという特典があります(やはり一切無料ですのでご安心ください)。
この機会にぜひ、お仲間になりませんか?事務局一同心よりお待ちしております。

【設立年月日】
2001年4月1日
【代表者】
上條晴夫(東北福祉大学教授)
【合い言葉】
「教育に笑いを!子どもに笑顔を!お笑いから教育技術を学ぼう!」
【会の目的】
人を笑わせることを文化とする様々な芸能活動(「お笑い」)から教育技術を学ぶことによって、教育に笑いをもたらし、子どもに笑顔をもたらすことを目的とします。
【会の構成員】
本研究会の会員は、会の目的に賛同し、教育に関心があれば、職種を問わず参加できます。
教員、お笑い芸人、学生、主婦など、さまざまな職種の人々によって構成されています。
現在の会員数はトップページをご覧ください。
【会の運営】
会員の登録、会員名簿の保管、渉外活動は事務局が行います。
会員は、メーリングリストで情報を交流します。
会費は、入会費・年会費ともに無料です。
【会の活動】
1)開発活動
1.「バラエティーゲーム」の開発
2.「お笑い」に学ぶ教育技術の開発
3.「お笑いスピーチ」のネタ開発
2)発表活動
1.メールマガジンへの連載
2.各種雑誌媒体への執筆
3.新しい本づくりへの挑戦
3)情報交流活動
1.ホームページの公開
2.メーリングリストの設置
3.ワークショップの開催

【著作権・リンク・プライバシーポリシー等について】 こちらもお読み下さい。

Published: 12月 17th, 2016 at 22:30
Categories: 未分類